うる藍バリアを飲むことで副作用やアレルギーの心配はない?

うる藍バリアを飲むことで副作用やアレルギーの心配はない?

うる藍バリアを飲むことで副作用やアレルギーの心配はない?

うる藍バリアを飲むことで副作用やアレルギーの心配はない?

 

うる藍バリアを飲んで心配される副作用

うる藍バリアに使われている成分を見ると、普段からよく口にするもので、薬にもよく使われる成分が主体です。
副作用はエリスリトール、キシリトール、還元麦芽糖の過剰な摂取によって下痢を引き起こすことが考えられます。

 

次で詳しく記載しますが、甘味料によるアレルギーもあるためじっくり読んでから使用を検討してくださいね。

 

うる藍バリアを飲んで心配されるアレルギー

メインになる藍は、普段は炎症を抑える薬として使われます。
抗アレルギー作用を持っており、皮膚の痒みなども抑える効果があります。
藍はタデ科の植物です。

 

地域によっては天ぷらなどで食べることもありますが、タデ科の植物でアレルギーを起こしやすい食材にはソバがあります。
ソバにアレルギーがある場合は、念のため注意した方が良いと思います。

 

納豆のネバネバ成分でもあるポリグルタミン酸についてですが、実はこちらもアレルギーの原因となっていて、重篤な症状が起きることもあります。
クラゲ刺されで納豆アレルギーを発症してしまったという例があり、クラゲの触手にポリグルタミン酸が含まれているのが原因になっています。
納豆のアレルギーを持っている場合は使用を避けましょう。

 

プロポリスについても、喘息やアトピー皮膚炎のアレルギー体質の人の使用で重い副作用が出た例があるため、予め病院で相談してからの使用が安心です。

 

見聞きする機会は少ないのですが、アレルギー食材として表示義務のない甘味料については注意が必要です。
うる藍バリアに用いられている甘味料の

 

  • エリスリトール
  • キシリトール
  • 還元麦芽糖(藍由来)マルチトール

 

 

この3つですが、エリスリトールとキシリトールもアレルギーが報告されています。

 

マルチトールについては、うる藍バリアの材料は藍ですが、材料が小麦粉やトウモロコシの場合もあります。
材料になる植物へのアレルギーを持っている人は摂取を避けてくださいね。

 

甘味料は表示義務が無いので何にアレルギーを起こしたのかが分かりにくいのが消費者にとって厄介です。
単なる甘味料としか記載されていないものですから、該当する糖分にアレルギーを持っている人が口にしてアレルギー反応を起こした例もあります。

 

特にダイエット食品の甘味料として多く使われますが、シュガーレスのお菓子にも多く使われます。

 

 

うる藍バリアの副作用・アレルギーについてのまとめ

成分について調べてみた結果、うる藍バリアの成分にも注意が必要な人が居ることが分かりました。

 

  • そば、納豆、エリスリトール、キシリトール、還元麦芽糖にアレルギーがある人
  • 喘息やアトピーを患っているアレルギー体質の人
  • 蜂に刺されて気分が悪くなった経験がある人
  • 少量のシュガーレス食品でもお腹が緩くなる人

 

上記が主に注意が必要な人です。
あてはまる人はうる藍バリアの摂取を避けるようにしましょう。

 

上記に当てはまらなくとも、摂取量を守っているのに強い腹痛が出たり、蕁麻疹、腫れなどの明確な症状が出た場合、すぐに摂取をやめて病院でアレルギーの検査を受けると良いでしょう。

 

病院で診察を受ける時には商品のパッケージなど成分が分かるもの、その日摂取した食べ物のメモがあればスムーズに診察・検査をしてもらえます。
出来る限り説明出来るようにまとめておくと便利です。

 

アレルギーは過剰摂取も発症の原因になりますので、分量を守って摂りすぎないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ